岐阜大垣遠征

 8月15日から17日まで、岐阜県大垣市強化カップ戦へ参加をしました。毎年、春・夏に実施されたくさんの高校と交流を深めることが出来る大会です。今年は、Bチームのみの参加でしたが、例年のごとく全国大会や近畿・東海・北陸大会出場経験のある高校と対戦をさせていただきました。

 この3日間で、伝えたかったことは、「言い訳・逃げ道をつくらない」です。我が、クラブは50名を超える大所帯です。しかし、メンバーに選ばれるのは15人のみです。ほとんどのメンバーが公式戦で活躍するチャンスが限られているのが事実です。このような状況の中で、どうしてもネガティブな考えに陥ってしまうことがよくあります。1人がそうなると、不思議なことにどんどんその気持ちは周りに連鎖してしまい、よくない結果を引き出してしまいます。しかし、中学3年生の受験の時を振り返ってみた時どうでしたか?「京都両洋高校でバスケットをしたい!」「自分の力を京都両洋高校で試したい!」「高校生活をバスケットボールに注ぎ込みたい!」きっと、誰もがそんな決意を持っていたと思います。その気持ちを決して忘れることはしないで欲しいです。「どうせBチームやから。練習してないし。へたくそやし。相手強いし。」こんな感情バスケットに取り組むときに必要はありません。AチームでもBチームでも同じ京都両洋高校男子バスケットボール部です。誇りと責任を一人一人が持ち、戦う姿勢を忘れずに取り組んで欲しいです。

 この夏でそれぞれがたくさんの経験を積んだはずです。夏が終われば、私学大会、冬の選抜予選、新人戦と重要な戦いが待っています。チームを一つに、前へすすみましょう!!