岐阜遠征 3日目

本日は岐阜遠征最終日。

不備のある状況の中で、いかに自分たちのベストで戦えるか。

やるしかないんです。すべての状況は必ずチームの力になります。

 

本日のAチームです。

さあ、今日こそ優勝しましょう!

と意気込んでいたはずですが・・・

 

課題は多いです。気持ちを引き締めましょう。

まだ遠征は続きます。

頑張るしかないでしょう

 

Aチーム結果

vs誠信     50-40

vs大垣北    110-24

vs大垣商業   63-61

 

 

さあ、Bチームです。

本日、決勝まで勝ち上がれば四日市工業Bとできるではありませんか!

何が何でも勝つしかありません。

第1、第2試合ともに一所懸命ディフェンスをするチームであり、激しいプレッシャーをかけられたり、根本的に体の大きさに負け要素はありました。しかし、我々も夏の期間にただゲームをこなしてきたわけではありません。

基本的には前にいるディフェンスをかわしてシュートまで持っていく、自分の守る相手を守るというスタンスですが、当然限界が来ます。だから次に何をするのか、ということの1つ1つがチームの”約束事”になってくるんです。

そうして約束事の数を増やしつつ、意識しなくてもできる”当たり前”へと変えていくんです。

まだまだ発展途上なので当たり前の数は少ないですが、こだわって徹底してきたことは成果になっていると感じています。

きっちり勝ち上がりました!

 

さあ、Aチームでも勝てなかった四日市工業Bとの対戦です。

 

出だしの調子は良く、3Pシュートもきっちり決めてくれたこともあり、なんと1Q目28-13で終わりました!

何とかこの点差を守り切りたい。

ですがそんなに簡単にはさせてくれません。

我がチームのディフェンスの隙をどんどんつかれ、前半終了時43-45。

逆転されてしまいました。

踏ん張りたい。けど後半の出だしはいつもあまりよくない・・・

3Q終了時45-67。22点差・・・。。。!!!

 

でもやるしかないんです!

 

疲れた。走れない。

 

は理由になりません。今日が最終日。

 

必死こいてくらいついていこ!

ここまで点差あけられたんなら自分たちのやるべきことの徹底にこだわろ!

 

そう選手を送り出しました。

 

最終スコアは83-74(9点差)

 

これってすごいことなんです。我々みたいなまだまだ課題が多いチームにとってはすごいことなんです。

バスケットボールは20点差あいたら逆転は難しいと言われるスポーツです。(われわれはそう思っておりませんが)

あきらめることは簡単なんです。けど、我がチームはくらいつきました。

 

結果が全てです。

負けは負けです。

 

けどこの結果は我々にとって大きな力になりました。

いや、次からの力にしていかなければなりません。

本当によく頑張ってくれました。

この試合で、2年間付き合ってきて初めて本気のダッシュを見せてくれた選手もいました。

まだ入学して4か月なのに勝負所できっちり仕事をしてきてくれる選手もいました。

 

私たちは知っています。できるんです。

 

Bチーム結果

vs大垣東    61-56

vs鶯谷     71-63

vs四日市工業B 83-74 

 

Bチームは本日京都に帰ります。しっかり休んで、次の練習でパワーアップしているところを見せてください。

本日も応援に来てくださった皆様、京都の地から応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。

遠征に送り出してくださることで子どもたちに学ぶ機会を与えてくださり、ありがとうございました。

チームとして、一個人としての成長を願っております。

今後ともチームの応援、バックアップをよろしくお願いいたします。